ゴキブリ撲滅のためにブラックキャップを買った

f:id:QP92:20240417220605j:image

台所にゴキブリが出た。

一昨日1匹、昨日3匹だ。

今日はまだ見ていない。

台所は少し前に大掃除をして、それまでよりかなり綺麗になったと思うのだが。

私はゴキブリが大嫌いである。

大の男だが、ゴキブリを見ると寒気がする。

なぜゴキブリはああも気味が悪いのか。

できれば2度とゴキブリには遭遇したくないので、ゴキブリ対策にブラックキャップという商品を買った。

数ヶ月前にたまたまネットでそれについての記事を読み、その記事によればブラックキャップは非常に優れた対ゴキブリ製品とのことだったからだ。

これ↓がブラックキャップだ。

f:id:QP92:20240417224123j:image

f:id:QP92:20240417224137j:image

f:id:QP92:20240417224145j:image

昨日の夜にAmazonで注文し、今日の午後に届いた。

さっそく台所とトイレと洗面所に仕掛けた。

冷蔵庫の下や流しの下、棚の中や引き出しの中などあらゆる所に忍ばせた。

ブラックキャップを設置する場所は、商品の箱の裏に書いてあった絵を参考にした。

ネット上にもその画像があったので、ここに載せておく。

f:id:QP92:20240417224705j:image

36個入りのを買って、36個すべてをゴキブリが出そうな場所に置いた。

ついでにゴキブリホイホイも全部で10個設置した。

しかし、何で掃除をして綺麗?になっているのにゴキブリは出現したのか。

そういえば数年前に鼠が頻繁に家に出たのだが、今は1匹も現れない。

どこに消えたのか。

それはさておきゴキブリである。

ブラックキャップに効果があって欲しい。

今回のこのゴキブリ対策が上手く行ったかどうかは、当ブログにて進捗を報告する。

最初の報告は1ヶ月後になる。

乞うご期待。

国語力向上計画【大学入試・現代文奮闘記】②

 f:id:QP92:20240416200807p:image

またセンター現代文の過去問を、今回はきっちりと時間を守って解いた。

評論と小説にそれぞれ20分ずつだ。

前回の時に学んだのだが、評論・小説とともに問題の文章はそれぞれ10分程度で読むのが時間配分としてよい。

問題は6問あるので(評論・小説ともに)、1問につき1.67分。

できればもう少し時間が欲しいが、問題文を10分より短い時間で読むのは難しい。

さて、実際にセンター現代文の過去問を解くのは今回で2度目だが結果はどうだったか。

結論から言うと、時間が全然足りなかった。

小説では最後まで文章を読むことができず、問題も半分しか解けなかった。

何とその小説の文章は9ページにも渡り、約5000文字もあったのだ。

点数も評論と小説の合計で100点満点中55点だった。

前回より点数が低いが、前回の113分と比べて今回は40分で解いたのだから仕方がないだろう。

点数が悪いこと以上に私を不安にさせるのは、問題の答えの解説を読んでも納得できない場合だ。

論理的な正しい答えの求めかたが分からなければ、次に活かしようがないからだ。

また、受験のプロたちは一様に「現代文は感覚で解くものではない」と言うが本当にそうだろうか。

仮に論理的に正しい答えを導き出せるとしても、極めて時間制限の厳しい試験の最中にその作業を行えるかどうかは疑わしい。

結果的に問題の選択肢の中から、何となく正しそうなものを消去法で選ぶしかないのではないか。

大学受験の現代文の問題については、真っ向から否定する派とそれなりに認める派の両者がいる。

例えば、石原千秋という文学部の大学教授は否定派だ。

どのくらい本気かは知らないが、センター試験廃止を主張している。

彼によればセンター試験の小説は文学とは何の関係もないそうだ。

作家の安部公房も自分の小説からの一節が大学受験の国語の問題に使われた事について、それは「大意を述べよ」とあったが大意なんてない、あったら勿体ぶらずにそれを書くと言っていた。

一方でセンター試験・現代文を擁護する意見もある。

問題として作成している以上、正しく論理的思考をすれば誰でも正解に辿り着けるようになっているということだ。

どちらが正しいのかは分からないが、私はとりあえずこのまま大学受験現代文を勉強して行く。

何はともあれ私に必要なのは速く問題文を読むことだ。

最後まで問題を解き切れないのに、点数が悪いことを嘆いても始まらない。

メルカリでの上手な買い物の仕方

f:id:QP92:20240415000019p:image

私はよく本を買うが大抵の場合、メルカリかAmazonで中古本を安く買う。

その際に気をつけないといけないのは安いかどうかということではなく、その本を本当に読みたいか否かということである。

分かってはいるのだが、ついつい安い価格帯の本に手が伸びてしまう。

身についた悲しい貧乏性である。

私の場合、値段以上にこだわるのが本の状態だ。

書き込みやドッグイヤーがあるものは絶対に駄目だ。

本は読むための物だから、それが綺麗かどうかは重要ではない気がする。

だが、やはり私には無理だ。

一種のフェティシズムである。

そのため商品は、状態が「新品、未使用」か「未使用に近い」物の中から選ぶ。

その際に頭に来るのが、書き込みなどがあるにも拘らず商品の状態を「未使用に近い」と書く輩がいるということだ。

そのような場合には商品の返品をして、購入代金を全額払い戻してもらう。

私はメルカリで購入した商品に不備があった時には出品者に返品&返金を要求するが、今までそのやり取りで困ったことは1度しかない。

そのトラブルにあった際には、メルカリ事務局に間に入ってもらって事なきを得た。

購入した商品に不備があって返品&返金を相手の出品者に要求する時のため、私は必ず商品を買う前に書き込みやドッグイヤーがないかどうか確かめる。

言質を取っておくのだ。

しかし、メルカリは競争が激しい。

安い価格で人気のある商品が出品されると、コメント欄で悠長に出品者に質問している間に他の誰かにその商品を買われてしまう。

では、どうすればいいか。

私の編み出した裏技はこうだ。

取り敢えず、その商品を買ってしまう。

そして、購入後の取引画面で書き込みやドッグイヤーの有無を尋ねるのだ。

その際に、書き込みやドッグイヤーがあればその商品の購入をキャンセルしてくれと頼むのだ。

これ(購入後に、商品の購入をキャンセルしてもらうこと)はもしかするとメルカリのルール違反で、ペナルティを食らうかもしれない。

多用は控えたほうが無難だ。

稀にプロフィール欄か商品説明の欄に返品お断りと書いてあることがあるが、メルカリではそのような事を書くのはルールで禁止になっている。

万が一そのように言われたら、メルカリの規則で禁止されている行為だと相手に伝えよう。

最後にメルカリでの買い物の際の注意点をまとめておく。

①商品の状態が「新品、未使用」か「未使用に近い」の物から選ぶ。

②商品の購入前に、コメント欄で書き込みやドッグイヤーの有無を確認し言質を取っておく。

③届いた商品に不備があったら、そのことを指摘して返品&返金をしてもらう。

④もし超お買い得な商品があったら、迷わず買ってしまう。そして購入後の取引画面で書き込みやドッグイヤーの有無を尋ね、もしあれば購入を取り消してもらうよう頼む。

ポジティブになりさえすればいいのか?【ポジティブ病批判】

f:id:QP92:20240412020548j:image

アメリカの行き過ぎたポジティブ・シンキングの例として、「癌は贈り物」と互いに言い合う癌患者たちのことが批判的に書かれていた。

その記事を読みながら、「いるいる、そういう人」と思った。

例えば私は障害を抱えているが、「障害者になって良かった」などとは口が裂けても言わない。

確かにそういうことを言う障害者はいる。

だが、私はそういう姿勢を好まない。

みっともないとすら思う。

誰がどう見たって障害を抱えているよりか健常なほうがいい。

にも拘らずそのことを認めないのは、単なる負け惜しみである。

癌になって良かった、障害を抱えるようになって良かったなどと言う(思う)のは、もはや立派な病気だと思う。

ポジティブ病だ。

この病に侵されている人はそこかしこにいる。

20代前半の頃、ある人物とクラブに行ったのだが何らかの理由で中に入ることができなかった。

すると、この男は「いいよいいよ、どうせつまんなかったに決まってるよ!」と言ったのである。

上手く言えないが、私はそのようなことを言うのは恥ずかしいことだと思った。

何故なら彼も私もクラブに行きたかったからだ。

彼も内心ではクラブの中での体験が、つまらないに違いないなどとは思ってなかったはずだ。

そうであるのに、それを正直に認めない。

それどころか望んでいたが得られなかった対象を貶めたりする。

その行為はイソップ寓話の「酸っぱい葡萄」そのものだ。

知らない人のためにそれがどのような話かを、Wikipediaからの引用で書いておく。

お腹を空かせた狐は、たわわに実ったおいしそうな葡萄を見つけた。食べようとして懸命に跳び上がるが、実はどれも葡萄の木の高い所にあって届かない。何度跳んでも届くことは無く、狐は怒りと悔しさから「どうせこんな葡萄は酸っぱいに決まっている。誰が不味そうな葡萄なんか食べてやるものか」と負け惜しみの言葉を吐き捨てると別の食べ物を探しに去っていった。

クラブに入れなかった程度のことを負け惜しみするのはまだいい。

しかし、これが癌や障害のこととなるとかなり見苦しい。

本気で癌になったことや障害を抱えるようになったのを良かったと感じていたら、相当な病気だ。

ま〜、彼らの考え方が分からないでもない(彼らが実際どのように思考しているかは知らないが。。。)。

癌や障害を抱えているという事実が変えられないのなら、せめてその事実の受け止め方を自分に楽な風に変えたほうが合理的だとでも言うのだろう。

だが、それでもやはり私はそのように考えるのに抵抗がある。

はっきり言って嫌である。

客観的に外から自分を眺めた時に、滑稽ではありたくないからだ。

ある種のダンディズムかもしれない。

国語力向上計画【大学入試・現代文奮闘記】①

f:id:QP92:20240410215058p:image

センター試験(現・共通テスト)の現代文の過去問を時間を計って解いてみた。

センター試験の国語は、評論文・小説・古文・漢文からなる。

今回はその国語のうちの評論文と小説の現代文だけを解いた。

結果は惨憺たるものだった。

評論文50点満点・小説50点満点の合計100点満点で、64点だった。

しかも時間内には解き終わらず(問題文を時間内に読み終えることができなかった)、45分の規定時間を大幅に延長し113分も費やしてである。

この結果には少なからずショックを受けた。

私は読書家を自認しているし、8割ぐらいは取れるかもしれないと淡い期待を抱いて試験に臨んだからだ。

想像してたより遥かに難しかった。

超難しいと言ってもいい。

センター試験の英語では、普通に文章を読んでいけば問題の選択肢で迷うことはまずない。

しかし、それはセンター現代文の問題には当てはまらない。

文章をなんとか読んだとしても(文章自体がそもそも難しい)、問題の選択肢で迷いまくる。

そして、これには触れたが時間が足りない。

問題文をじっくり読んでいたら、問題を最後まで解き切れない。

またセンター試験・英語との比較だが、英語の試験では時間が余りまくる。

これは私だけではなく、難関大受験者には共通している。

センター試験・現代文は、問題文が難解で時間が全然足りず問題の選択肢が似通っている。

センター英語とは対称的だ。

センター英語は文章が簡単で時間も半分で足り、問題の選択肢もシンプルな物でどれを選ぶべきかで迷うことはない。

ほとんどの人にとって、センター現代文のほうがセンター英語よりずっと難しいと思うのだがどうなのだろうか。

今回は何の準備もなくいきなりセンター試験の現代文の過去問を解いてみた。

これから受験現代文の勉強をしていく。

まずは現代文の解き方をレクチャーした参考書を勉強し、その後に最終的にはセンター現代文の過去問で8割取れるようになりたい。

その勉強の進捗は定期的にこのブログで書いていく。

このように受験現代文の勉強をして行くことは決めているのだが、その一方で大学受験の現代文の問題に疑問も感じている。

その疑問とは、どのような基準で問題の文章を選んで来ているのかということだ。

穿った見方をすれば、ワザと難解な文章を選んで来てはいないか。

論理的に明快で一意にしか解釈できない文章だとしたら、試験を受ける学生みなが正解に辿り着き学生の選抜ができないだろうからだ。

外国人に「あなたの宗教は何ですか?」と訊かれたら

f:id:QP92:20240408235635p:image

もし外国人に宗教は何かと訊かれたら何と答えればいいか?
たまに「仏教徒と答えなさい」などと書いてある本があるがオススメはしない。
そんなもの少し教養のある外国人なら、「上座部か?大乗か?宗派は何だ?空の概念を説明してくれ」といった風にさらに質問してくる恐れがあるからだ。
なのであなたが本当に仏教徒でないならば、安易に仏教徒などと言うべきではない。
しかし特定の宗教を信じていないからといって、無神論者(atheist)と言ってはさらにいけない。
なぜなら無神論とは単に神の存在を信じていないといった意味以上に、道徳(善悪とか)の根拠を信じておらず認めないという哲学上の立場だからである。
大多数の人間がなんらかの宗教を信じている海外の人には、これは恐ろしい印象を与える。
極端に言えば、「わたしは殺人でも何でもやります!(善悪の根拠を認めないから)」というように映る。
では、何と答えればいいか。
ずばり、不可知論(agnostic)である。
不可知論とは読んで字のごとく、「(人間の理性では)知ることが不可能」という意味の哲学的な立場であり一番無難かつ知的な答えだ。

形容詞でも名詞でも使え、「I am agnostic.」でも「I am an agnostic.」でもいい。

正直に言うと、この知識は私独自のものではない。

故・立花隆の本に書いてあった。

筒井康隆について。。。

f:id:QP92:20240407235508j:image

雑誌を読んでいたら、筒井康隆による次のような文章が書いてあった。

人間は差別が好きで肉欲に生きていて、嘘をつかねば生きられず悪いことばかり考える。戦争が大好きで裏切りこそ繁栄に繋がり、老人を馬鹿にし早く死ねと思い、不幸な奴がいるために自らは幸福だと言って喜ぶ

。。。

こ、これは言い過ぎのような。。。

あんまりである。

ここはひとつ、一つ一つを検証してみよう。

【問い】

①人間は差別が好きか?

②人間は肉欲に生きているか?

③嘘をつかないと生きられないか?

④悪いことばかり考えているか?

⑤戦争を人は好むか?

⑥裏切りは繁栄の欠くべからざる要素か?

⑦若者は老人を馬鹿にしているか?

また、早く死ねなどと思っているか?

⑧不幸な人間がいることは、自分の幸福の絶対条件か?

【答え】

①好きな人間もいれば嫌いな人間もいる。

中間の人間も当然いるし、無関心な人間もいる。

②肉欲に生きる人もいれば、お金に生きる人もいる。

③嘘をつかなくても生きられるが、損ばかりする可能性がある。

④悪いことを考えず、善いことを考える人間もいる。

もちろん、何も考えない人間もいる。

⑤私は少なくとも戦争を好まない。

⑥繁栄の定義からやらないと何とも言えない。

⑦馬鹿にする若者もいれば、しない若者もいるだろう。

また、早く死ねと思うか否かは当然、若者による。

⑧いや。

別に他人が幸福でも自分が幸せになれる可能性はある。

----------------------------------------------

同じ雑誌に筒井康隆の伝説?が載っていたので2つばかり紹介しよう。

日活のニューフェイス試験に応募するも第二次選考で落選。

腹が立ち、作家として成功してから頼まれても日活には絶対に原稿を渡さないw

直樹賞に落選して頭にきた筒井は、直樹賞選考委員皆殺し小説w「大いなる助走」を書く。